リンパマッサージで健康に

リンパマッサージで足の浮腫を取る方法

リンパマッサージで足の浮腫を取る方法 まず「足の浮腫」とは、運動不足や足を下にしている時間が長いとおこりやすくなります。
つまり重力によって血液が足にたまり、静脈圧が高くなり細胞から不要な水分を受け入れることができなくなり(静脈は体に不必要になった物を取り入れ、心臓まで運ぶ役目があります)むくみやすくなります。
また水分、塩分のとりすぎも血中の水分を増やすことになりその結果むくみとなります。
これらの場合リンパマッサージで症状の軽減が期待されますので、ぜひ試してみてください(ただし慢性的なむくみが1週間以上ある場合や急にむくみが出るようになった場合はまず医療機関へ)。
リンパマッサージの基本は、身体の末端から中心に向かって肌をなでるように、です。
滑りを良くするためにマッサージ用のクリームやオイルを使用するのもおすすめです。
逆にマッサージを避けた方がよい場合として、心臓病や妊娠中の方、高血圧、糖尿病のある方(これらの方は主治医の指示に従ってください)、飲酒後があげられます。
方法としては、まず足にあるリンパ節を刺激するために股、膝、足関節をストレッチします。
その後、足の甲と裏の両面をつま先から足首に向けて、足首から膝裏に向けて、順に5回程度ゆっくりさすります。
次に膝裏のくぼみに親指以外の4本の指をあて上に向かって10回さすります。
最後に軽く膝を曲げた格好で膝から太ももに向かって5回ずつ(裏側、そとがわ、内側)優しくなであげます。

リンパマッサージで足のリンパを流す効果は?

リンパマッサージで足のリンパを流す効果は? リンパマッサージで特に足のリンパを流すことに効果があるといわれるのは、足は血液が循環した時に心臓に戻るまでの距離が長いのでふくらはぎがポンプの役割を果たしているからです。
足特にふくらはぎを中心にマッサージをすると血液とリンパが循環しやすくなります。
血液と違ってリンパは弁がないのでリンパマッサージをしないとリンパが滞りがちになります。
体がむくみやすい人も老廃物が下半身にたまりやすいことが原因といわれています。
老廃物がたまるとセルライトになってしまう可能性が高くなりますから、痩せにくくなります。
ダイエットをされている方もリンパマッサージを定期的に行っておくとむくみを解消し、すっきりとした美脚を維持できるようになります。
代謝が悪く下半身に老廃物がたまるようになると血流も悪くなり、冷えの原因になります。
体が冷えやすいという人は足をマッサージして足のリンパが珠らに用に注意してみて下さい。
太ももの足の付け根はリンパ腺のあるところなのでもみほぐしておくと有効です。

新着情報

◎2018/4/3

リンパマッサージは男性にも効果あり
の情報を更新しました。

◎2018/1/9

クリームやローションは必要?
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

顔のリンパが滞る原因
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「足 リンパ」
に関連するツイート
Twitter